Saturday, July 08, 2006

アロマテラピーの由来

古代エジプトでは、植物の香りは、薫香や浸剤として様々な治療に使われてきました。

20世紀初頭、ラベンダーの精油の卓越した効果を知りったフランス人科学者ガットフォセがこの療法をアロマテラピーと名付けらました。